• 河合浩之

プレゼンをつくるための5つのステップ!



プレゼンを成功させるためには、プレゼンの「シナリオ」をしっかりと組み立てることが重要。シナリオづくりの前に、下記の5つのステップを明確にしていきましょう。

【プレゼンをつくるための5つのステップ】


◆ステップ1 だれに話す?

プレゼンはオーディエンスがいてこそ成り立ちます。

オーディエンスによってプレゼンの内容は変わってくるので、最初にオーディエンスを明確にすることが必須です。

◆ステップ2 どこへ導く?

オーディエンスの行動・変化を促すのがプレゼンの目的。

プレゼンによってオーディエンスがどんな状態になるのかを決めましょう。

◆ステップ3 なにを話す?

プレゼンには「おもしろみ」が不可欠。

オーディエンスをゴールまで導くための魅力的なストーリーを考えましょう。

◆ステップ4 どう話す?

スライドは「読み物」ではなく、「プレゼンターのスピーチ」と「スライドの表現」が一体化したライブ。

話し方を意識することでプレゼンはより伝わりやすくなります。

◆ステップ5 どう表現する?

スピーチの流れに沿って、パワーポイントのスライド表現を考えます。

フレーズか? 写真か? グラフか? チャート(図式)か?

最適な表現を見極めましょう。

ご覧いただいたように、スライドをつくる前にいくつかの手順を踏むことが、プレゼンの正否を分ける大切なポイントとなります。

まずクリアすべき手順は、プレゼンの「シナリオ」をつくること。

シナリオは主に、「スピーチ原稿」で成り立っています。

つまり、「話し言葉」による原稿です。

プレゼンは読み物ではありません。あくまでも生身の人間が対峙し、肉声で話しかけることによって、プレゼンは初めて相手に届くのです。

その言葉を練り上げてようやく、視覚的な刺激を促すスライド作成に取りかかれます。

プレゼンのシナリオは、まさにプレゼンの本番を具体的にイメージしながら考えればいいでしょう。

オーディエンスはどんな気持ちでいるか?

会場の広さや雰囲気は?

オーディエンスに自分はどう見えるか?

スクリーンはどんな大きさか? etc.

できるだけ具体的にプレゼンの現場をイメージすることで、これからつくるシナリオが生命を宿しはじめます。

シナリオはパワーポイントではなく、Wordやテキストエディタで作成することをお薦めします。

話し言葉を文字に込めて、臨場感のある原稿を書いていきましょう。

多少荒削りでもかまいません。整った言葉よりも、生々しい言葉のほうが、オーディエンスに響くことでしょう。

さて、シナリオの構成に「こうすべきルール」は特にありません。自由な発想から、より印象的で記憶に焼き付くストーリーが生まれることも多々あります。

逆に、あまりロジカルに考えすぎると、さらりと記憶から流れてしまうプレゼンになってしまいます。

が、いきなり「自由に」と言われても、なかなか書き出せないこともあるでしょう。

そんなとき、2つの構成方法を知っていれば考えやすくなるかもしれません。

2つの構成方法――「PREP法」「SDS法」です。

【PREP法】

Point:結論

Reason:理由

Example:具体例

Point:まとめ

【SDS法】

Summary:全体要約

Details:詳細説明

Summary :まとめ

これらの構成にストーリーをざっくりと当てはめれば、シナリオを書き始めるきっかけにできるでしょう。

そこからは、とにかく熱く! 実際にプレゼンをしているようにシナリオを書いていきましょう。

シナリオを書くことは、プレゼンを疑似体験すること。

オーディエンスをありありと思い浮かべながら、臨場感のあるシナリオを。

このシナリオライティングは、実際のプレゼンよりもわくわくどきどきしたりします^^

#プレゼン #ストーリー #構成 #シナリオ

691回の閲覧

Copyright © 2019 novel's All Rights Reserved.

  • w-facebook
  • YouTube Social  Icon
  • Twitter Clean