• 河合浩之

パワポの「吹き出し」をいじくる方法。


いきなりですが、パワポの図形に用意されている「吹き出し」って、

ダサくないですか?


パワポの吹き出し

以前からかなり気にはなっていたのですが、なんかこう、もっちゃりしてますよね。

てことで、今回はこの「吹き出し」をいじくる方法をご紹介しましょう。

さて、吹き出しをいじくる方法。それは、

【拡張メタファイル(emf)にしてパスをいじる!】

基本的なやりかたはこれです。

拡張メタファイル(emf)にしてパスをいじる!

……ん? どゆこと?

詳しく説明するとむずかしくなるので、割愛しますw

とにかく、やり方だけ憶えてしまいましょう。

①とりあえず吹き出しをつくる

パワポの「挿入タブ→図形」から「吹き出し」を選択して、スライドに配置します。


パワポの図形(吹き出し)

②吹き出しを選択し、「Ctrl+X」でカットする

③「Alt+Ctrl+V」で、「形式を選択して貼り付け」ダイアログを表示

「図(拡張メタファイル)」を選択して「OK」


形式を選択して貼り付け

④貼り付けられた吹き出し(拡張メタファイル)を選択して、「Ctrl+Shift+G」を押し、グループ化を解除

アラートが表示されるので、そのまま「OK」をクリック


パワポの吹き出し・グループ解除

⑤すべてのグループ化が解除されるまで「Ctrl+Shift+G」を繰り返す


グループ解除

※すべてのグループ化を解除したら、オブジェクトの一番背面にある「透明のオブジェクト」を選んで削除してください


不要なオブジェクトの削除

⑥吹き出し図形の部分をクリック選択し、「描画ツールタブ→書式タブ→図形の編集→頂点の編集」を選択


頂点の編集

⑦頂点(黒いハンドル)をドラッグして、吹き出しの形状を整える


⑧吹き出しや文字のフォントを自由にいじって、いい感じにすれば完成


今回は「吹き出し」を例に「図形のいじくりかた」をご紹介しました。

が、コピーしたオブジェクトを「Alt+Ctlrl+V」で「形式を選択して貼り付け」るという方法は、吹き出しだけでなく、各種図形や「文字(フォント)」でも活用できます。

たとえば、自分のPCにしか入っていない特殊なフォントを、他のPCでも表示できるようにしたいとき。

「図(拡張メタファイル)」にすることで、文字を拡大しても劣化しない状態にできます。

オブジェクトの形状を変更したいとき、特殊なフォントを使用したいときなど、ぜひお試しください^^

#パワポ #パワーポイント #PowerPoint #吹き出し

36,303回の閲覧0件のコメント